看護師として勤務し、やがて結婚・妊娠となれば、女性看護師はある悩みに直面します。
それは、子育てと仕事の両立です。どちらも両立させるために上手く利用したいのが「育児休暇」です。

 

看護師の転職・求人の会|看護師の転職・求人で給料が高い病院や介護施設などの募集を探せます。
看護師の日々の業務をこなす上での悩み解決法など、キャリアアップや転職、求人のポイントなども含めて、解説の一覧です。

 

看護師の転職・求人で高給料募集 看護師転職・求人する時期や円満退社するためについて 看護師転職が決まったら退職手続きや転職での各種手続きについて 看護師転職サイトの利点と看護師転職サイトの選び方 看護師の転職・求人サイトがなぜ無料なのか? 看護師の履歴書の書き方や看護師の職務経歴書の書き方とは?
看護師転職の面接での注意点や看護師面接する時のポイント 看護師の転職で面接時の質問は?面接の自己PR,志望動機理由は? 看護師転職の悩みや疑問について 看護師の子育て・育児との両立について 看護師シングルマザー、求人活動の注意点 看護師求人ランキング、最新口コミ比較
看護師、妊娠中の仕事について 看護師の産休・育休の期間とお給料は? 看護師の妊娠中の夜勤について 子育て看護師の復職、募集先選びの注意点は 看護師の子育て、育児休暇は取れるの? 看護師、産休後の再就職は?
看護師求人、看護師転職、高給料 全国の都道府県別の病院 全国の都道府県別の救急指定病院      
看護師の転職・求人で高給料募集 看護師の転職・求人の会情報 看護師の転職・求人の会個人情報保護 看護師の転職・求人の会相互リンク 看護師の転職・求人の会特商法表示 看護師の転職・求人の会お問い合わせ

 看護師求人・看護師転職をお考えの看護師さまの転職・就職を応援いたします。 病院や医療施設など看護師求人情報も数多くあります。看護師さまの転職ご希望条件に合った看護師求人案件を無料でご紹介しています。 一人では難しい転職の「情報探しや求人情報選定から面談設定し応募・交渉・質問・辞退まで」等なども全て無料サポートがあります。 看護師さまの転職に、安心と信頼をいただける求人サービスもあります。
看護師求人・看護師転職なら、このサイトで全国から、総合病院、クリニック、一般病院、特別養護老人ホーム、訪問看護や看護師の 日勤常勤、常勤(夜勤あり)、夜勤専従、託児所あり、高給料、土日祝休み、寮あり、車通勤可、4週8休以上、 看護師の配置基準7:1、電子カルテあり、駅近病院、ブランク可、未経験可などの転職・求人条件から探せます。
また、看護師転職・看護師求人の診療科目別に、歯科、眼科、産婦人科、整形外科、皮膚科、小児科、心療内科、内科、外科、精神科、などの条件から探せます。
そして、看護師転職・看護師求人の配属先別に、透析、手術室(オペ室)、外来、病棟、などの転職・求人条件から探せますし、ほかには、給料が高い病院や介護施設などの募集を看護師の転職・求人条件から探せます。

 匿名での転職活動が可能です。 「個人情報はなるべく公開したくない」「転職活動を職場に知られたくない」という看護師さまも安心です。 お名前・現在の職場など個人を特定する情報は非公開で医療機関へ問合せです。


看護師求人・看護師転職
ランキングベスト
転職の無理強いもありません。
ランキングベストです。
ナースではたらこ 年収・ボーナス・残業・有給など、直接聞きにくい事はコンサルタント経由で転職情報収集ができます。
看護のお仕事 北海道から沖縄まで日本全国の看護師求人をカバー!自宅近くの病院を探すことが可能です。
ナース人材バンク 病院の求人だけでなく、訪問看護や訪問入浴、介護施設や治験などの案件も多数あります。
マイナビ看護師 「託児所あり」「残業が少なめ」など好条件の案件が多数あるので、自分の希望が叶いやすいです。
ナースJJ 転職支援金が受け取れます。!

スポンサーリンク

看護師の子育て、育児休暇は取れるの?

以前は結婚・出産を機に家庭に入り、看護師を辞めてしまうという方も多い傾向にありました。 しかし、近年は看護師の方でも産休や育休を活用して仕事と子育てを両立し、産前産後もしっかり働くという女性が増加しています。 そこで今回は育児休暇を取る際の注意点についてご説明していきたいと思います。

育児休暇について

育児休暇とは、その場の通り労働者が「育児」を目的として取得することができる休暇のことを指します。 法律的には育児介護休業法によって定められており、1歳に満たない子供を育てるための休業と定義されています。

原則として男女共に取得することができ、企業や自治体によっては労働者に対して1年以上の機関を認めているケースも見られます。

法律上、育児休暇の期間中有給か無給かの取り決めはありませんが、 条件を満たすことで雇用保険から「育児休業給付金」を受け取ることが可能です。

最近はメディアなどでも「イクメン(育児をするパパ・父親)」が取り上げられる機会が増え、 それに伴い育児休暇についても注目が集まってきています。しかしながら、取得のための条件などについては、 まだまだ広く認知されていないというのが実情のようです。

育児休暇を取るための条件


育児休暇は1歳に満たない子供を持つ男女が取得することができる休暇ですが、誰でも取れるものではなく、 一定の条件を満たすことが必要となります。その条件とは、以下の通りとなります。

■ 1歳未満の子供をもつこと(実子、養子は問わない)
■ 1病院、医療機関など同一の事業所に1年以上勤務をしていること
■ 1育休期間終了後も、同一の事業所に雇用される予定であること

また、育児休暇の申請については「人員不足を理由に申請を拒否されるのではないか」 といった不安を持つ方も多いかもしれませんが、申請については法律によって次のように定められています。

■ 1歳未満の子供の子育てをすることを理由として休業を申し入れることができる
■ 事業主は労働者の育児休暇の申し入れを拒否することはできない
■ 育児休暇終了後は職場に復帰することができる

これらについては、育児・介護休業法によって規定されています。 つまり、育休の申請は労働者に認められた権利です。雇用主側が申請を拒否することは、法律違反となるということを覚えておいて下さい。

スポンサーリンク


常勤看護師の方がパートより、育児・産休が有利なの?

育児休暇を申請できるのは、その申請条件から原則として常勤雇用、 つまり正社員の看護師や、長期間同一病院の医療機関に勤務する契約・派遣・パート・アルバイトの看護師に限られます。

そのため、スポット勤務のように短期契約で様々な勤務先で働く看護師の方などは育児休暇を取ることは実質不可能となっています。

では、常勤看護師とパート看護師を比べた場合、雇用形態によって育休・産休の取得について有利・不利は存在するのでしょうか? 常勤とパート、どっちが育休取得に有利?

産休・育休の申請条件については、雇用形態だけでなく

■ 同じ病院、医療機関に勤務する期間が1年以上あること
■ 産休、育休が終了する日を超えて労働契約が続く場合(雇用の見込みがある)

といった部分が重視されるという点を、まずは押さえておきましょう。 この点が、常勤とパートの有利・不利を考える上で重要になってきます。 看護師は常勤・パートを問わず産休や育休を申請する権利があり、 申請された雇用主(病院側)は、必ずそれを許可しなければなりません。

しかしながら、これはあくまでも労働者側が自ら「育休をとりたい」 と申請を行った場合の話です。看護師の場合は、法律上の考え方よりも、 職場・医療現場の道理や理の方が優先される傾向が強い、というのが実情です。

日本の医療現場は慢性的な人手不足に陥っており、どこも即戦力を求めています。 そのため、継続的に勤務できる優秀なパート看護師は高く評価される一方、 長期間の休みを必要とする人材については、契約更新を行わないなどの対応をされるケースがほとんどです。

そういった背景があり、妊娠まで長期間勤務をしていたパート看護師であっても、 産休・育休を申請した場合、事業者側が申請者の評価を著しく下げる、 復職後に給与面や待遇面の見直し(改悪)などを行うといったケースが散見されます。

パート看護師に長期間の産休や育休を認めるよりも、新しいパート看護師を入れたいというのが、 病院・医療機関側の本音であると言えるでしょう。

加えて、パート看護師の場合は事業主側が「本当に復職してくれるのか」 「復職後も長期間勤務してくれるのか」といった不安を抱きやすく、高いリスクと判断しやすい傾向にもあります。

これ対して、常勤看護師の場合は「産休・育休を取得する=復職する意思が固い」と 判断されることが多く、取得に関してパートよりもハードルが低めとなっています。

復職する可能性が高いということであれば、産休・育休期間をアルバイト・パート看護師 などで計画的に補うこともできるため、事業主側の不安やリスクも低く抑えられます。

こういった点を踏まえると、やはり常勤看護師とパート看護師の間では、 産休・育休の取得に関して有利・不利が存在すると考えられます。

事実、パート看護師の多くは産休・育休後の職場復帰の難しさを肌で感じ、 申請を行う前に退職することが非常に多く、子育てが一段落した時点で再度就職活動を行うというケースがほとんどです。

また、常勤看護師であっても職場によっては

■ 復職はできたが異動があり元の部署に復帰できなかった
■ 育休から復帰した後、雇用条件の変更を言い渡された
■ 育休を取ったことで周囲との摩擦が生まれ、人間関係が悪化した

などの問題に直面することがあり、必ずしも産休・育休の取得が良い結果に繋がるとは言えない一面があります。

こういった現状のため、最近はパート・常勤看護師を問わず産休・育休申請は諦め、 妊娠出産を機に退職し、出産や子育てが一段落ついた時点で新たな就職先を探すという看護師の方が増えていると言われています。

育児休暇をとる際の注意点

育児休暇は通常の休暇と異なり、注意すべき点が多数存在します。 ここでは特に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介したいと思います。

育休中の家計を考える


育休中の給与については、法律で支払い義務に関する規定がなされていないため、病院側の裁量によって支給が決められています。

勤務先によっては育休前の給与の何割かが支払われるケースもありますが、ほとんどの場合が無給とされています。

そのため、申請前の時点で育休中の家計の管理はどのように行うのか、 受け取ることができる一時金や給付金にはどのようなものがあるのか、しっかりと確認しておくことが大切になります。

育休に関する法律を理解する


育休の申請や育休後の職場復帰に関しては、労働基準法によって規定がなされています。

勤務先によっては育休申請の際に嫌がらせを行ったり、 育休後の復帰の際に不条理な対応をしたりするケースがあると言われています。 こういった理不尽な対応や対処に対して泣き寝入りをしなくて済むよう、 労働基準法の育休に関する部分について、しっかりと押さえておくと良いでしょう。

マナー違反?育休後の退職


育休後に職場復帰をしたものの、精神的な理由・身体的な理由から退職を考えるという方も少なくありません。 また、育休中に子育てが想像以上に大変で、病院復帰に強い不安を感じるという方もいらっしゃいます。

育休後の退職が可能であるかどうかという点については、勿論可能です。 育休は「職場への復帰が前提」ではありますが、 「復帰できない、または、復帰後すぐに退職する」ことについての規定や罰則は存在しません。

ただし、法律違反ではありませんが社会人のマナーという点で考えれば、 同僚や上司からの批判を招きかねない行為であるとも忘れてはいけません。

やむを得ない事情で病院の退職を決断した際には、周囲の理解を得られるよう、 退職を考えるに至った理由や現状について具体的に説明できるよう、しっかりと備えておくことが大切です。

最近は看護師専門の求人サイトや転職支援サイトで利用できるキャリアコンサルタントなどが、 育休終了後に退職・転職を希望する方に対し、相談や支援を行っているケースが増えてきています。

育休後の職場復帰や退職、転職に関する悩みがある方は、これらコンサルタントサービスを活用するのもおすすめです。

看護師の子育て、育児休暇は取れるの?、まとめ

■ 育児休暇は常勤・パートを問わず、条件を満たすことで申請することが可能です。

■ パートと常勤では、常勤の方が育休の取得に有利です。

■ 育児休暇終了後の退職は可能だが、周囲の理解を得られるよう事前に十分準備しておくことが大切です。


スポンサーリンク


看護師求人、看護師転職、高給料

看護師求人・転職の特典を徹底比較

看護師・准看護師・助産師・保健師専門の転職、就職支援サービスです。 あなたのご希望条件をもとに、ご紹介します。 実績のあるキャリアコンサルタントから、無料で転職サポートが受けられます。 あなたの転職活動を強力にサポートします。 未公開求人情報なども多数ありますので、あなたのご希望にあった看護師求人がきっと見つかるでしょう。期間限定、転職支援金プレゼント。


▼ 看護師求人情報 よかったら参考にしてください。 ▼

看護師求人ランキング、最新口コミ比較


看護師の転職・求人の会とは

趣旨


看護師の転職・求人サイトには、数万件の求人情報が集まっています、また会員のみに公開される優良な非公開情報もあります。 高給料や休日、雇用形態といった一般的な勤務条件から、研修の有無や職場の雰囲気のような情報まで知ることができます。 きめ細かな条件で情報を探すのが可能で、希望条件にあった求人を見つけやすくなっています。 またこうした看護師の転職・求人サイトでは担当のコンサルタントがつくことも大きなメリットです。 コンサルタントは希望条件に合わせた転職・求人情報を探してくれるので、時間と手間の大きな節約になります。 さらにコンサルタントは看護師応募書類の書き方や面接のアドバイスや面接日程の調整、条件の交渉、 その他転職に関する相談などをおこなってくれるため、たいへん便利な存在です。 こうした看護師の転職・求人サイトは一般的には求人を出す企業側から利益を得ているため、 看護師は無料でサービスを利用することができます。
求人情報の数や精度、かかる時間や手間などの面から、こうした看護師の転職・求人情報 を多くお知らせすることを看護師の転職・求人の会の趣旨としています。 皆様に楽しい暮らしをしていただくお手伝いが少しでもできれば幸いです。

この、看護師の転職・求人情報に掲載されている中には、移転したり提供サービスが変更されている場合がございます。 変更情報はお問合わせからご変更いただけます。



看護師の転職・求人で高給料募集


 


 

看護師の転職・求人の会|看護師の転職・求人で給料が高い病院や介護施設などの募集を探せます。
看護師の日々の業務をこなす上での悩み解決法など、キャリアアップや転職、求人のポイントなども含めて、解説の一覧です。

 

看護師の転職・求人で高給料募集 看護師転職・求人する時期や円満退社するためについて 看護師転職が決まったら退職手続きや転職での各種手続きについて 看護師転職サイトの利点と看護師転職サイトの選び方 看護師の転職・求人サイトがなぜ無料なのか? 看護師の履歴書の書き方や看護師の職務経歴書の書き方とは?
看護師転職の面接での注意点や看護師面接する時のポイント 看護師の転職で面接時の質問は?面接の自己PR,志望動機理由は? 看護師転職の悩みや疑問について 看護師の子育て・育児との両立について 看護師シングルマザー、求人活動の注意点 看護師求人ランキング、最新口コミ比較
看護師、妊娠中の仕事について 看護師の産休・育休の期間とお給料は? 看護師の妊娠中の夜勤について 子育て看護師の復職、募集先選びの注意点は 看護師の子育て、育児休暇は取れるの? 看護師、産休後の再就職は?
看護師求人、看護師転職、高給料 全国の都道府県別の病院 全国の都道府県別の救急指定病院      
看護師の転職・求人で高給料募集 看護師の転職・求人の会情報 看護師の転職・求人の会個人情報保護 看護師の転職・求人の会相互リンク 看護師の転職・求人の会特商法表示 看護師の転職・求人の会お問い合わせ