看護師転職の悩みや疑問について、看護師転職で結婚や出産、人間関係や勤務条件の改善を求めて転職を考える看護師は少なくありません。
とはいえ、転職するにあたって色々な疑問や不安がつきまといます。ここでは、看護師の転職にまつわる不安や疑問について簡単に紹介します。

スポンサーリンク

看護師転職の悩みや疑問について

医療系資格である看護師は、数ある職業の中でも特に転職に強い仕事の一つです。 一般のサラリーマンやOLに較べれば転職に有利なのは間違いないですが、
その一方で看護師の勤務先には過酷な職場も多く、看護師みんなが転職に成功している訳ではありません。
また、家庭とのバランス、お給料、転職活動の方法など、看護師の転職にまつわる悩みは色々です。
ここでは、看護師が転職で抱えがちな悩みや疑問について紹介します。

看護師転職活動に何を使うでしょうか


看護師が転職先の情報探しをする上で、よく使う方法は以下の4つです。

1.友人の紹介で入職する

2.ハローワーク(ナースバンク)を使う

3.看護師専門の転職支援会社を使う

4.自分で直接病院に応募する

まず誤解のないように書きますと、どの方法が良い・どの方法が悪い、 ということはありません。
どの方法にも、メリット・デメリットがあります。一つずつ簡単に紹介します。
まず友人の紹介ですが、転職先の内部情報を知るには、一番手っ取り早い方法です。 ネット上で調べられる内部情報は限りがあるのと間違いが多く、中で働いてる方の情報なら確実です。
デメリットは、友人の紹介のため何かあっても簡単に辞められないことです。 また、大きい病院のような大組織の場合は、部署が違うため友人の病院情報が不正確な場合もあります。
転職支援会社は数多くの転職候補先を抱えているため、より多くの選択肢から選びたい場合に優れています。 また、給与交渉や面接対策など、看護師の転職支援に一番優れています。
デメリットは、不誠実な業者もいるため、登録する支援会社を間違えるとブラックな職場を紹介されることもあります。
ハローワークやナースバンクは、公的機関の職業紹介所だけに全国一律で同じサービスが受けられます。 また、ここにしかない情報もあり、その点も考慮しましょう
デメリットとしては転職後のサポートがほとんどないことで、優良な求人先と不誠実なものが同じように掲載されていて、 内部の情報は教えてもらえないので見極めが難しいことです。
自分で応募する方法は、直接募集しかやっていない求人先もあるため、その点でメリットがあります。
デメリットは、誰からも転職後のサポートを受けられないこと、 転職先が事前に聞いていた勤務条件とは違う条件で働かされても、 泣き寝入りするしかないことで、こうしたトラブルは非常に多くあります。

繰り返しになりますが、どの方法が一番かは人それぞれです。ただ強いて順位を付けるとすると、 一番止めた方が良いのは4.自分で直接病院に応募するです。 転職後に病院側から聞いていた条件と違うというトラブルが非常に多いためです。


逆に1番良いのは3.看護師専門の転職支援会社を使うです。ただしこれも、登録する会社をキチンと選ぶ必要があります。



スポンサーリンク


看護師転職のタイミングはいつがよいでしょうか

転職するタイミングはもちろん人それぞれですが、 看護師にありがちな転職のタイミングというのは確かにあります。 ここでは、どういうタイミングで転職をしているのか紹介します。


結婚・出産・転勤のとき

女性看護師が転職を考えるキッカケとなるのが、結婚や出産・夫の転勤が挙げられます。 まず結婚ですが、結婚を機に退職される看護師もいます。

実際、一般女性に聞いたアンケートでも結婚後の専業主婦を希望される女性は増加傾向にあるので、 結婚と同時に仕事を辞めたいと考える看護師もそれなりにいるはずです。

ですが現実問題として、サラリマーンの平均年収は下落傾向にあり、 家計のためにも看護師を続けざる得ないというケースは非常に多く見られます。

結婚と同時に退職される看護師はかなり少数派と言えます。 結婚自体をキッカケに転職を考える看護師も、それほど多くはありません。

それよりも多いのは、妊娠・出産を契機に一度退職し、育児が落ち着いてから 転職活動を再開させるというパターンです。ここでの注意点は、妊娠中に働き過ぎないことです。

病院によっては妊婦の看護師にもギリギリまで働かせようとする病院もあります。 ですが、あまりに無理な勤務が続くと母体に影響しますし、 最悪流産ということにもなりかねません。妊娠中のお仕事は決して無理をしないようにしてください。

育児中の転職先としては、家庭と両立しやすい勤務先が良いでしょう。 勤務先の上司・同僚が育児に対する理解があり、託児所があるなどが望ましい条件です。

夫の仕事の転勤でやむなく退職し、夫の転勤先に近い病院に転職するというのもよくあるパターンです。 この場合、転勤後にすぐに働き始めたい場合は事前に準備しておく必要があります。

転職先の求人動向を知るには転職支援会社の活用が一番ですが、地方の場合はナースバンクやハローワークの方が役に立つこともあります。

看護師として働き出して3年目〜5年目のとき

看護師が最初に転職を考えるタイミングとして多いのが、3年目から5年目です。 この時期に転職が多いのは、2つの理由があります。

一つは、ちょうどこの時期から即戦力として期待される経験年数になるためです。 単に転職するだけでなく、年収アップを前提とした転職を希望する看護師が多くなります。

この時重要になってくるのが、即戦力としての経験年数です。実際、臨床経験3年以上を 転職の条件として挙げる病院もあるほどです。年収アップが見込めるこのタイミングで転職を希望する看護師が多いのです。

理由の2つ目は、ちょうどこの時期に看護学校時代の奨学金が返済し終わる看護師が多いためです。 また、3年間を系列の病院に勤務すれば返済を免除する、という看護学校もあります。

いわゆる「お礼奉公」ですね。これが3年で終わることが多いため、この時期から転職を考える看護師が多いのです。

4月、9月などの転職する時期

看護師が転職する時期として最も多いのが4月で、次いで9月です。

4月が新しい年度初めという病院や施設が多く、 このタイミングで人の入れ替わりがしやすいということが影響しているようです。 実際、この時期に看護師の求人数も大幅に増えます。

次に多いのが9月です。これは、4月を1年の年度始めと区切った時に ちょうどその半分に当たるためです。この時期も比較的求人数が多くなります。 これ以外に転職が多い月としては、ボーナスシーズンである6月・12月も比較的転職が多いです。

スポンサーリンク


退職を切り出すタイミングはいつ

看護師が転職をする上で難しいのは、転職自体よりもむしろ「退職」です。 勤務先の病院なり施設がギリギリの人数で回していることが多く、転職(退職)を上司に引き止められることはよくあります。

ここで弱気な態度で臨むと、いつまで経っても退職できませんので、ある程度強気で行きましょう。

とはいえ、退職することである程度は勤務先の病院に迷惑をかけることも事実ですし、 勤務先の病院の実情を無視した退職をすると、勤務先の病院との間でしこりを残すことになります。

もしその勤務先の病院が、たとえば3月が一番忙しいということが分かっているなら、その時期は避けた方が無難です。

また退職を切り出す際には、すでに勤務先の病院を決めてから退職を上司に切り出す方が無難です。 すでに次の転職が決まっていれば、上司としても無理に引き止めができなくなるからです。 退職の1か月以上前には切り出した方がいいでしょう。

転職での年齢による有利・不利について

看護師は転職に強い職種ですが、それでも年齢による影響はそれなりにあります。 まず一番有利なのは、なんといっても20代です。

雇用する側からすれば、ほかの年代よりも安いお給料ですむこともありますが、 夜勤を一番頼みやすいのも20代からです。先ほども書いた通り、経験年数がそれなりにあれば、年収アップでの転職も可能です。

次に転職に有利なのは30代です。ですが、30代になると夜勤勤務も段々とカラダにこたえてくるはずですので、 夜勤勤務のない転職となると少し難易度が上がります。また、経験による年収アップが期待できるのもこの年代までです。

40代以降になると、病院への転職は厳しいでしょう。あるとしても、夜勤勤務のないパートでの求人でしょう。 ただし、介護施設や老人ホーム、クリニックといった転職先なら、十分に求人はあります。

夜勤がない分、病棟勤務時代に較べて年収が落ちるかもしれませんが、転職自体はそれほど難しくありません。

家庭と看護師仕事のバランスを考えた転職をしたい

看護師として働きたいと考える方がいる一方、 家庭や育児とのバランスを考えてもう少しゆったり働きたいと考える方もいます。 もしゆったりと働きたいと考えているなら、大学病院や大病院の病棟勤務は向いていないでしょう。

オススメなのは、クリニックや介護施設、老人ホーム、訪問介護ステーションなどです。 夜勤がない分年収は落ちますが、定時に上がれる職場も多く、家庭とのバランスがとりやすいのがメリットです。

注意することは、やはり病院や職場によって休みの取りやすさが大きく違いますので、 転職時にじっくり検討することをオススメします。特にクリニックの場合、 少ない人数で回しているため休みを取りづらい職場であることも多いです。

それとは逆に、意外に思われるかもしれませんが、 中堅の総合病院の方が休みを取りやすいという場合もありますので、転職支援会社とよく相談することをオススメします。

病院などの転職先の人間関係が心配な方

病院などの勤務先の人間関係は、職場の雰囲気を大きく左右する要素です。 誰だって人間関係の良い職場で働きたいものですが、転職をする前に病院などの勤務先の内情を知る情報はないでしょうか

まず一番確実なのは、病院などの勤務先に友人からいる場合です。 その友人からの情報が一番確実でしょう。ですが、そう都合の良い条件はありません。

次に活用したいのが、転職支援会社のエージェントです。 ある程度の規模の勤務先なら人間関係についても知ってる場合が多いです。

また、以前病院などの勤務先に紹介した看護師が、 どの程度の期間働いたかも確認しましょう。あまりに短い期間だと危険信号です。

そして、オススメしたいのは内定前の職場見学です。職場見学でギスギスした空気を感じたら、 転職は見合わせた方がいいでしょう。職場見学を拒否されたら、転職は止めるべきです。

病院などの転職の繰り返しはどうでしょうか

何度も書いてる通り、看護師は転職に有利です。ですが、 もちろん無制限に強い訳ではありません。看護師の転職活動で望ましくないとされていることもあります。 そのうちの一つが転職の繰り返しです。

あまりに多くの転職を繰り返していると、病院側から見るとよい印象を与えません。 では、具体的に何回転職していればNGなんでしょうか。

これは勤務した期間によって変わってきます。目安となるのは、一つの勤務先で3年です。 ですので、看護師の勤務年数が12年の方が4回転職を経験していたとしても、雇用主からマイナス評価を受けることはありません。

ですが、看護師としての勤務年数が2年ですでに3回転職しているようなら、転職市場においては評価されません。

では、転職の繰り返しによるマイナス評価が付くと、転職においてどんな 不利があるのでしょうか。それは、人気の転職先に採用されづらくなることです。

条件の良い求人先は、給料が良い、福利厚生がしっかりしている、休暇を取りやすい等で、 当然ですが競争相手もそれなりにいます。

こんな時、他の候補者と同じ程度の実力なら、転職回数がマイナス評価を受け採用されません。

もちろん、誰も見向きもしないようなブラックな、勤務条件が最悪などの 病院などであれば採用されるかもしれませんが、そんな病院などではすぐに辞めてしまうかもしれません。

もちろん、今までの退職・転職にもそれなりの事情があったかもしれません。 それでも、転職回数を短期間で増やすことはそれなりにリスクであることは覚えておいて損はないでしょう。

いざ、転職しようと思っとき・・・

上記でも書いた通り、転職情報を収集する手段は色々ありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

とはいえ、総合評価で見て一番使い勝手が良いのは、 やはり転職支援会社でしょう。ただし、登録する支援会社を間違えるとかえって面倒というのも上で書いた通りです。

「じゃあ、どこの転職支援会社がいいの?」という方もいると思いますので、 以下でオススメの転職支援会社を紹介しています。時間のある方はハローワークと一緒に使う形で、 時間のない方は転職支援会社を使って転職活動をするとよいでしょう。

看護師求人、看護師転職、高給料

看護師求人・転職の特典を徹底比較

看護師・准看護師・助産師・保健師専門の転職、就職支援サービスです。 あなたのご希望条件をもとに、ご紹介します。 実績のあるキャリアコンサルタントから、無料で転職サポートが受けられます。 あなたの転職活動を強力にサポートします。 未公開求人情報なども多数ありますので、あなたのご希望にあった看護師求人がきっと見つかるでしょう。期間限定、転職支援金プレゼント。


▼ 看護師求人情報 よかったら参考にしてください。 ▼

看護師求人ランキング、最新口コミ比較


看護師求人・看護師転職
ランキングベスト
転職の無理強いもありません。
ランキングベストです。
ジョブデポ看護師 年収・ボーナス・残業・有給など、直接聞きにくい事はコンサルタント経由で転職情報収集ができます。
看護のお仕事 北海道から沖縄まで日本全国の看護師求人をカバー!自宅近くの病院を探すことが可能です。
ナース人材バンク 病院の求人だけでなく、訪問看護や訪問入浴、介護施設や治験などの案件も多数あります。
マイナビ看護師 「託児所あり」「残業が少なめ」など好条件の案件が多数あるので、自分の希望が叶いやすいです。
ナースJJ 転職支援金が受け取れます。!

 

看護師の転職・求人の会とは

趣旨


看護師の転職・求人サイトには、数万件の求人情報が集まっています、また会員のみに公開される優良な非公開情報もあります。 高給料や休日、雇用形態といった一般的な勤務条件から、研修の有無や職場の雰囲気のような情報まで知ることができます。 きめ細かな条件で情報を探すのが可能で、希望条件にあった求人を見つけやすくなっています。 またこうした看護師の転職・求人サイトでは担当のコンサルタントがつくことも大きなメリットです。 コンサルタントは希望条件に合わせた転職・求人情報を探してくれるので、時間と手間の大きな節約になります。 さらにコンサルタントは看護師応募書類の書き方や面接のアドバイスや面接日程の調整、条件の交渉、 その他転職に関する相談などをおこなってくれるため、たいへん便利な存在です。 こうした看護師の転職・求人サイトは一般的には求人を出す企業側から利益を得ているため、 看護師は無料でサービスを利用することができます。
求人情報の数や精度、かかる時間や手間などの面から、こうした看護師の転職・求人情報 を多くお知らせすることを看護師の転職・求人の会の趣旨としています。 皆様に楽しい暮らしをしていただくお手伝いが少しでもできれば幸いです。

この、看護師の転職・求人情報に掲載されている中には、移転したり提供サービスが変更されている場合がございます。 変更情報はお問合わせからご変更いただけます。



看護師の転職・求人で高給料募集


 


 

看護師の転職・求人の会|看護師の転職・求人で給料が高い病院や介護施設などの募集を探せます。
看護師の日々の業務をこなす上での悩み解決法など、キャリアアップや転職、求人のポイントなども含めて、解説の一覧です。

 

看護師の転職・求人で高給料募集 看護師転職・求人する時期や円満退社するためについて 看護師転職が決まったら退職手続きや転職での各種手続きについて 看護師転職サイトの利点と看護師転職サイトの選び方 看護師の転職・求人サイトがなぜ無料なのか? 看護師の履歴書の書き方や看護師の職務経歴書の書き方とは?
看護師転職の面接での注意点や看護師面接する時のポイント 看護師の転職で面接時の質問は?面接の自己PR,志望動機理由は? 看護師転職の悩みや疑問について 看護師の子育て・育児との両立について 看護師シングルマザー、求人活動の注意点 看護師求人ランキング、最新口コミ比較
看護師、妊娠中の仕事について 看護師の産休・育休の期間とお給料は? 看護師の妊娠中の夜勤について 子育て看護師の復職、募集先選びの注意点は 看護師の子育て、育児休暇は取れるの? 看護師、産休後の再就職は?
看護師求人、看護師転職、高給料 全国の都道府県別の病院 全国の都道府県別の救急指定病院      
看護師の転職・求人で高給料募集 看護師の転職・求人の会情報 看護師の転職・求人の会個人情報保護 看護師の転職・求人の会相互リンク 看護師の転職・求人の会特商法表示 看護師の転職・求人の会お問い合わせ

 看護師求人・看護師転職をお考えの看護師さまの転職・就職を応援いたします。 病院や医療施設など看護師求人情報も数多くあります。看護師さまの転職ご希望条件に合った看護師求人案件を無料でご紹介しています。 一人では難しい転職の「情報探しや求人情報選定から面談設定し応募・交渉・質問・辞退まで」等なども全て無料サポートがあります。 看護師さまの転職に、安心と信頼をいただける求人サービスもあります。
看護師求人・看護師転職なら、このサイトで全国から、総合病院、クリニック、一般病院、特別養護老人ホーム、訪問看護や看護師の 日勤常勤、常勤(夜勤あり)、夜勤専従、託児所あり、高給料、土日祝休み、寮あり、車通勤可、4週8休以上、 看護師の配置基準7:1、電子カルテあり、駅近病院、ブランク可、未経験可などの転職・求人条件から探せます。
また、看護師転職・看護師求人の診療科目別に、歯科、眼科、産婦人科、整形外科、皮膚科、小児科、心療内科、内科、外科、精神科、などの条件から探せます。
そして、看護師転職・看護師求人の配属先別に、透析、手術室(オペ室)、外来、病棟、などの転職・求人条件から探せますし、ほかには、給料が高い病院や介護施設などの募集を看護師の転職・求人条件から探せます。

 匿名での転職活動が可能です。 「個人情報はなるべく公開したくない」「転職活動を職場に知られたくない」という看護師さまも安心です。 お名前・現在の職場など個人を特定する情報は非公開で医療機関へ問合せです。