女性看護師の多くは、妊娠しても看護師のお仕事をぎりぎりまで頑張りたいと考えています。しかし、妊娠中は自信の体のためにも子供のためにも、
できるだけハードな仕事は避けたいものです。妊娠中の看護師が仕事をする上で、絶対に気をつけなければならないこととはどんなことでしょうか。

スポンサーリンク

看護師の妊娠中の仕事について

妊娠は嬉しいものの、看護師の仕事は立ち仕事、力仕事や集中力を要することが多く 【妊娠中も続けられるだろうか】【他の看護師に迷惑をかけるかも】と不安になったり、 「職場への報告は?】【いつから休めばいいの?】と心配になることは多いでしょう。

妊娠中の看護師の仕事はどうするのがいいのでしょうか、妊娠中に起こりうるトラブルなどを知り、 看護師を続けながら安心して出産準備できる環境について考えてみましょう。

看護師の妊娠中の仕事はどうするのでしょうか?

職場への報告はどうするのでしょうか?


妊娠が分かっても、生まれるまで何があるかわからないのが出産です。 ではいつ職場へ報告すればいいのかと考えてみると、 初期のうちはまだ同僚には知らせなくても大丈夫でしょう。 ただし看護師長や主任など上司には、妊娠が分かった時点で話しておくことを勧めます。

病院側は労働中の従業員の安全を確保する責任があり、 妊娠のことを知らないまま何かあっては、看護師自身がつらいだけでなく職場にも迷惑がかかってしまいます。

上司と相談しつつタイミングを相談しながら、他の看護師には落ち着いてから報告していくのが無難です。

日勤のみや時短勤務にしてもらうと安心


妊娠中の経過は個人差があります。悪阻がほとんどなく、 産休ぎりぎりまでまで問題なく看護師の仕事できたという方もいれば、 悪阻がひどく妊娠初期から出産まで休まなければならなかった、切迫早産で入院したという方もいます。

二人目以降の妊娠だと、経験から「このぐらいなら看護師の仕事を続けて大丈夫」 「これは休まないとダメ」と判断できますが、初めての妊娠ではその判断も分からず心配になってしまうものです。

できれば夜勤シフトは外してもらい日勤の看護師の仕事のみにしてもらったり、 さらに辛い場合には勤務時間を短縮してもらえないか上司に相談し、 どのぐらいなら頑張れそうか考えてみましょう。

人手不足である病院は多いこと、妊娠への理解度はそれぞれであることから、 夜勤の免除や時短勤務の申し出を快くOKしてくれるところもあれば、厳しい返事で断られたという看護師の話もあります。

このような場合「転職したい」と考えることもあると思いますが、妊娠しながら、 もしくは子供が小さいうちの看護師の転職活動は現実的に大変です。 よほどの事情がない限り慎重に対処したほうが良い、という先輩看護師からの意見が聞かれます。

妊娠の予定がある看護師は、就職・転職の際にこのような妊婦への対応についてもチェックしておけると安心ですね。

辛いと伝えることも大切


妊娠にまつわる体験談では「妊婦している同僚と一緒に夜勤に入ったとき、 何も言わずにいなくなる時間帯があり、後になって思えば悪阻でトイレに行っていたのかな?と思うけれど、 そのときは理由が分からずとまどっていしまった。 つらかったことを言ってくれればもう少し休んでもらえたのに、という意見が見られます。

感謝の言葉や何のことわりもなく、 当然のように楽な看護師の仕事ばかりしている妊婦は嫌われてしまうでしょうが、 ちゃんと「つらい」と伝えてくれ、ありがとうと言ってもらえれば、ほとんどの看護師は喜んでサポートしてくれるはずです。

辛いときは辛いと言ってもらえた方が、看護師の仕事やコミュニケーションがスムーズになります。 その分、感謝の気持ちは普段よりも大げさなぐらいに、しっかり伝えるようにしてください。


スポンサーリンク


妊娠中に起こりうるリスクとは

かかりやすい諸症状


妊娠初期の出血は流産の可能性があり、絶対安静が必要です。 心配なときには無理をせず、上司に報告して看護師の仕事を休ませてもらいましょう。

妊婦がかかりやすい症状として、貧血や妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群などが挙げられます。 また、悪阻は病気ではないといいますが、水分も摂れないような重度の場合には入院が必要になるケースもあります。

これらの症状を悪化させてしまうのが、不規則な生活や食事、鉄分不足や強いストレスです。 シフト制で夜勤をこなす看護師はどうしても食事や生活のリズムが乱れやすいため、特に注意が必要です。

看護師ならではのリスク


妊娠中にタバコやアルコールを避けなければならないことは常識ですが、 看護師の場合には、加えて放射線や毒物に十分に注意する必要があります。

放射線科で働く場合には防護エプロンを必ず着用することになっていて、 浴びる線量も計測していて問題がないとは言われますが、何があるかわからないため、 妊娠した場合には看護師の職場を異動することになっている病院もあります。

病院で用いる様々な薬剤のなかには劇薬もあります。妊娠中、不用意に放射線や劇薬に接触してしまうことのないよう、 普段以上に注意しましょう。

また、看護師の妊婦が麻疹・風疹にかかってしまった場合、流産・早産のリスクや胎児の発育に悪影響を与えるため、 外来・病棟勤務では感染に十分な注意が必要です。

看護で気をつけること


看護記録をつけるときなど、座ってやれる仕事ではこまめに椅子に座るようにし、 ちょっとした休憩時間でも横になって休むことで後の仕事が楽になります。横にならせてもらえるよう、 上司に許可を得ておくといいですね。

妊娠中期以降は一般的には安定期と言われますが、立ち仕事や緊張の多い看護師の仕事では、 そうとも言えません。座っていられる妊婦さんに比べ切迫早産や妊娠性高血圧症候群のリスクはまだまだ高く、 お腹が張るときなどには休憩が必要です。

看護業務で心配なのが、トランスなどの力仕事ではないでしょうか。 看護師の体験談では「妊娠中、トランスは他のスタッフに替わってもらっていた」という話も多く見られます。

力仕事はできるだけ替わってもらった方が安心ですが、もしも妊娠している状態で トランスを行う場合には、腹圧をかけないよう足を前後左右に大きめに開き、 足腰を安定させるように注意してください。骨盤ベルトは早めにつけるようにし、転倒に十分注意して動きましょう。

■ 妊娠が分かったら病院側には伝えておくことです。

■ 看護師の日勤や時短勤務にできないか頼んでみる。

■ 辛いときはそう伝えたほうが周囲はサポートしやすいです。

■ 看護師の不規則な生活は妊娠中の症状を悪化させやすいです。

■ 放射線や感染に注意し、こまめに休憩することです。

■ 力仕事は替わってもらい看護師の事務仕事で頑張るようにする。



スポンサーリンク


看護師求人、看護師転職、高給料

看護師求人・転職の特典を徹底比較

看護師・准看護師・助産師・保健師専門の転職、就職支援サービスです。 あなたのご希望条件をもとに、ご紹介します。 実績のあるキャリアコンサルタントから、無料で転職サポートが受けられます。 あなたの転職活動を強力にサポートします。 未公開求人情報なども多数ありますので、あなたのご希望にあった看護師求人がきっと見つかるでしょう。期間限定、転職支援金プレゼント。


▼ 看護師求人情報 よかったら参考にしてください。 ▼

看護師求人ランキング、最新口コミ比較


看護師求人・看護師転職
ランキングベスト
転職の無理強いもありません。
ランキングベストです。
ジョブデポ看護師 年収・ボーナス・残業・有給など、直接聞きにくい事はコンサルタント経由で転職情報収集ができます。
看護のお仕事 北海道から沖縄まで日本全国の看護師求人をカバー!自宅近くの病院を探すことが可能です。
ナース人材バンク 病院の求人だけでなく、訪問看護や訪問入浴、介護施設や治験などの案件も多数あります。
マイナビ看護師 「託児所あり」「残業が少なめ」など好条件の案件が多数あるので、自分の希望が叶いやすいです。
ナースJJ 転職支援金が受け取れます。!

 

看護師の転職・求人の会とは

趣旨


看護師の転職・求人サイトには、数万件の求人情報が集まっています、また会員のみに公開される優良な非公開情報もあります。 高給料や休日、雇用形態といった一般的な勤務条件から、研修の有無や職場の雰囲気のような情報まで知ることができます。 きめ細かな条件で情報を探すのが可能で、希望条件にあった求人を見つけやすくなっています。 またこうした看護師の転職・求人サイトでは担当のコンサルタントがつくことも大きなメリットです。 コンサルタントは希望条件に合わせた転職・求人情報を探してくれるので、時間と手間の大きな節約になります。 さらにコンサルタントは看護師応募書類の書き方や面接のアドバイスや面接日程の調整、条件の交渉、 その他転職に関する相談などをおこなってくれるため、たいへん便利な存在です。 こうした看護師の転職・求人サイトは一般的には求人を出す企業側から利益を得ているため、 看護師は無料でサービスを利用することができます。
求人情報の数や精度、かかる時間や手間などの面から、こうした看護師の転職・求人情報 を多くお知らせすることを看護師の転職・求人の会の趣旨としています。 皆様に楽しい暮らしをしていただくお手伝いが少しでもできれば幸いです。

この、看護師の転職・求人情報に掲載されている中には、移転したり提供サービスが変更されている場合がございます。 変更情報はお問合わせからご変更いただけます。



看護師の転職・求人で高給料募集


 


 

看護師の転職・求人の会|看護師の転職・求人で給料が高い病院や介護施設などの募集を探せます。
看護師の日々の業務をこなす上での悩み解決法など、キャリアアップや転職、求人のポイントなども含めて、解説の一覧です。

 

看護師の転職・求人で高給料募集 看護師転職・求人する時期や円満退社するためについて 看護師転職が決まったら退職手続きや転職での各種手続きについて 看護師転職サイトの利点と看護師転職サイトの選び方 看護師の転職・求人サイトがなぜ無料なのか? 看護師の履歴書の書き方や看護師の職務経歴書の書き方とは?
看護師転職の面接での注意点や看護師面接する時のポイント 看護師の転職で面接時の質問は?面接の自己PR,志望動機理由は? 看護師転職の悩みや疑問について 看護師の子育て・育児との両立について 看護師シングルマザー、求人活動の注意点 看護師求人ランキング、最新口コミ比較
看護師、妊娠中の仕事について 看護師の産休・育休の期間とお給料は? 看護師の妊娠中の夜勤について 子育て看護師の復職、募集先選びの注意点は 看護師の子育て、育児休暇は取れるの? 看護師、産休後の再就職は?
看護師求人、看護師転職、高給料 全国の都道府県別の病院 全国の都道府県別の救急指定病院      
看護師の転職・求人で高給料募集 看護師の転職・求人の会情報 看護師の転職・求人の会個人情報保護 看護師の転職・求人の会相互リンク 看護師の転職・求人の会特商法表示 看護師の転職・求人の会お問い合わせ

 看護師求人・看護師転職をお考えの看護師さまの転職・就職を応援いたします。 病院や医療施設など看護師求人情報も数多くあります。看護師さまの転職ご希望条件に合った看護師求人案件を無料でご紹介しています。 一人では難しい転職の「情報探しや求人情報選定から面談設定し応募・交渉・質問・辞退まで」等なども全て無料サポートがあります。 看護師さまの転職に、安心と信頼をいただける求人サービスもあります。
看護師求人・看護師転職なら、このサイトで全国から、総合病院、クリニック、一般病院、特別養護老人ホーム、訪問看護や看護師の 日勤常勤、常勤(夜勤あり)、夜勤専従、託児所あり、高給料、土日祝休み、寮あり、車通勤可、4週8休以上、 看護師の配置基準7:1、電子カルテあり、駅近病院、ブランク可、未経験可などの転職・求人条件から探せます。
また、看護師転職・看護師求人の診療科目別に、歯科、眼科、産婦人科、整形外科、皮膚科、小児科、心療内科、内科、外科、精神科、などの条件から探せます。
そして、看護師転職・看護師求人の配属先別に、透析、手術室(オペ室)、外来、病棟、などの転職・求人条件から探せますし、ほかには、給料が高い病院や介護施設などの募集を看護師の転職・求人条件から探せます。

 匿名での転職活動が可能です。 「個人情報はなるべく公開したくない」「転職活動を職場に知られたくない」という看護師さまも安心です。 お名前・現在の職場など個人を特定する情報は非公開で医療機関へ問合せです。